カテゴリー別アーカイブ:

~私たちの主食が危ない!~

2017年12月6日 22時05分 | カテゴリー: まちづくり, 人権, 市民自治, 活動報告, 環境,

今年4月の通常国会で主要農作物種子法(いわゆる種子法)の来年4月廃止が決定された。 種子法は稲を初め、小麦などの種子を都道府県ごとに品質管理し、農家に優良で安価な種子を供給し、国民の食の根幹である主食としての主要農作物が … 続きを読む →

カテゴリー: まちづくり, 人権, 市民自治, 活動報告, 環境, |

子どもにやさしいまちづくりの展開~大震災を経験したネパールと日本の取り組み~

2017年7月13日 00時41分 | カテゴリー: まちづくり, 人権, 子ども・教育, 市民自治, 活動報告, 福祉・医療, 総合計画,

今回のシンポジウムでは、アジア子どもの権利フォーラムと子どもの権利条約総合研究所の協力により、ネパール地震からの復興も含め、子どもの権利について積極的な取り組みをするネパールから学びつつ、東日本大震災からの復興支援の取り … 続きを読む →

カテゴリー: まちづくり, 人権, 子ども・教育, 市民自治, 活動報告, 福祉・医療, 総合計画, |

やまぼうし~そのひとりのための“働きやすい、暮らしやすい”をつくる~

2017年1月23日 01時16分 | カテゴリー: まちづくり, 人権, 市民自治, 活動報告, 環境, 福祉・医療, 総合計画, 視察,

生活者ネットワークでは、誰もが自分らしく生きられるまちづくりをめざしており、実際にこうした地域づくりに取り組んでいる認定NPOやまぼうしの理事長伊藤氏に現地をご案内いただいた。 1.“やまぼうし”とは 1985年に日野療 … 続きを読む →

カテゴリー: まちづくり, 人権, 市民自治, 活動報告, 環境, 福祉・医療, 総合計画, 視察, |

子どもの貧困と「食」格差 政策は何をできるか

2016年12月28日 22時17分 | カテゴリー: 人権, 女性, 子ども・教育, 活動報告, 福祉・医療,

「貧困学を立ち上げる」公開シンポジウムシリーズ第1弾として 国・都の子どもの貧困の調査研究に関わってこられた首都大学東京教授の阿部彩さんが各分野の研究者に呼びかけ開催された。   ★子どもの栄養格差 新潟県立大 … 続きを読む →

カテゴリー: 人権, 女性, 子ども・教育, 活動報告, 福祉・医療, |

どうなってるの?どうなるの?遺伝子組み換え食品の表示

2016年10月9日 17時28分 | カテゴリー: 人権, 市民自治, 平和・憲法, 活動報告, 環境, 福祉・医療,

  「全ての遺伝子組み換え食品に表示を求める署名提出院内学習会」に参加した。 遺伝子組み換え技術といえば、最近では花粉症に効果のある米や予防接種に使われるワクチンなどが浮かぶ。また、この技術を持つ米国企業が開発 … 続きを読む →

カテゴリー: 人権, 市民自治, 平和・憲法, 活動報告, 環境, 福祉・医療, |

新たな時代を迎える都市農業

2016年2月15日 11時05分 | カテゴリー: まちづくり, 子ども・教育, 市民自治, 活動報告, 環境, 総合計画,

            「食べることは生きること」。だが、TPPによる食の安全が崩壊する危険は、身近に迫っている。私たち都市消費者にできることは何か。身近な地域 … 続きを読む →

カテゴリー: まちづくり, 子ども・教育, 市民自治, 活動報告, 環境, 総合計画, |

私たちの体は食べた物でできている

2013年8月8日 13時48分 | カテゴリー: 市民自治, 活動報告,

清瀬市消費生活講座 食品の安全について 講師:神山美智子弁護士  1.食は自分と未来世代の命と健康を育てるもの ・食は自分自身だけでなく、未来の世代の命と健康を育てるもの 胎盤を通じて胎児に栄養を送り、生まれてからはお母 … 続きを読む →

カテゴリー: 市民自治, 活動報告, |

食の安全を考える

2012年2月6日 14時08分 | カテゴリー: 活動報告,

放射線、電磁波、添加物、遺伝子組み換え・・・ 天笠啓祐先生  2月4日(土)、市民バイオテクノロジー情報室の天笠啓祐先生をお招きして、「食の安全を考える」をテーマに講演会を開催しました。天笠先生は、以前も遺伝子組み換えを … 続きを読む →

カテゴリー: 活動報告, |